当サイトのコンテンツには、広告を含む場合があります。

    30L登山用バックパックはどれくらい入る?荷物量と重さの目安・サイズ・背負い心地

    30Lのバックパックはどれくらい入る?荷物量や重さ・サイズを検証
    • 30Lの登山用バックパックは荷物がどれくらい入るの?
    • 重さの目安を知りたい
    • 電車や飛行機の荷物棚に入る?

    この記事ではこれらの疑問に答えます。

    今回は私が青年海外協力隊の時に使用した、30L登山用バックパックで検証します。

    • 荷物量
    • 重さ
    • 背負い心地

    について女性目線でレビューをするので、30Lバックパックを検討中の人は参考にしてください。

    またこの記事の後半に、使い勝手や機能性に優れ、女性用30L登山用バックパックのおすすめ商品も紹介しています。

    よろしければこちらもご参考にしてください。

    【女性向け30L登山用バックパック・おすすめトップ3】を先に見る。

    この記事を書いた人
    みず
    • 元青年海外協力隊員
    • 中東ヨルダンで2年間生活
    • 30代女性
    • 富士山の登頂成功
    • バックパッカーとして10か国以上まわる
    目次

    30Lの登山用バックパックは2泊3日分の荷物量が目安

    30Lの登山用バックパックは2泊3日分の荷物量が目安です。

    と言っても、「どの季節」に「どこに行くか」によって荷物の量が変わりますよね。

    そこで登山や海外旅行などでバックパックの旅をする私の経験をもとに、例を挙げます。

    • 薄着の季節4~5泊分
    • 長袖の季節2~3泊分
    • 登山・トレッキング1~2泊分

    季節や行く場所によって違いはありますが、通常の旅行であれば、30Lのバックパックは2~5泊分の荷物が入ります。

    また日帰り登山~山小屋1泊の場合も、登山用の荷物1泊分以上は余裕で入ります。

    そのため30Lバックパックは、山小屋に1泊する富士山の登頂などにも最適なサイズです。

    みず

    富士山の山小屋1泊分、下山後のホテル1泊分の荷物は30Lバックパックで十分でした。

    30L登山用バックパックは新幹線や飛行機の荷物棚に入るサイズ

    30Lバックパックは新幹線や飛行機の荷物棚に入るサイズです。

    例えば新幹線の荷物棚は奥行約45cm・高さ約35cmに設計されています。

    新幹線の荷物棚サイズ。30リットルバックパックは入る。

    30Lバックパックはだいたい縦幅60㎝、横幅30㎝、奥行き20㎝前後に設計されているものが多いので、

    バックパックを横にすれば、新幹線の荷物棚に入れることができます。

    一方、飛行機の場合も、荷物の3辺(縦・横・奥行)の合計が115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)であれば、荷物棚に入ります。

    この115cm以内というのは、機内持ち込みできるサイズの目安にもなっています。

    飛行機の荷物棚に入るバックパックのサイズ。
30リットルバックパックは可能。

    30Lバックパックは3辺の合計が115㎝以下に設計されているため、機内持ち込みや荷物棚にも収納が可能です。

    30Lバックパックの縦のサイズが約60cmの商品もありますが、荷物の入れ方で縦サイズは調整できます。

    絶対とは言えませんが、縦が55cmを超えていても、機内持ち込みできることもあります。

    みず

    航空会社によって、アバウトな所が多いです。

    参考:【早見表】飛行機の手荷物サイズと持ち込みOK・NGルール!

    また、荷物を入れた30Lバックパックは大人用まくらを2枚重ねたくらいの大きさなので、女性一人でも抱きかかえて頭上まで持ち上げることもできます。

    実際に2泊3日分の荷物を詰めてみた

    最高気温20度を想定して、海外旅行2泊3日分の荷物を30Lバックパックに詰めてみました。

    • 2泊3日分の荷物一覧
    • 荷物を詰めたバックパックの重さ
    • 背負い心地

    について、解説していきます。

    ちなみに、今回の検証に使う30Lバックパックは、海外旅行や富士登山で私が使用している物です。

    30Lの登山用バックパック,CBB4071
    ブランドColeman
    製品型番CBB4071
    サイズ縦67×横30×奥行21cm
    容量30L
    重量1,200g
    素材ナイロン
    ※ 現在は販売されていません。

    2泊3日分の荷物一覧

    30リットル登山用バックパック2泊3日分の荷物一覧
    バックパックに入れる荷物(気温20度、海外旅行を想定)
    荷物(写真右上から)個数
    マウンテンパーカー1枚
    イージーパンツ1枚
    長ズボン1枚
    長袖トレーナー1枚
    長袖カットソー2枚
    靴下2足
    ハンカチ2枚
    ボディクリーム1本
    ハンドタオル3枚
    下着(ブラ・ショーツ・キャミソール)2日分(巾着袋内)
    化粧品ポーチ1個
    10.1型タブレット1個(約22×12.5cm)
    眼鏡1本
    カメラ充電器・コード1個
    スポンジ1個(ジップロック内)
    メイク落としオイル1本(ジップロック内)
    洗顔1本(ジップロック内)
    コンタクトレンズ液・ケース1個(ジップロック内)
    変換プラグ1個
    モバイルバッテリー1個
    望遠レンズ1個
    スマホ充電コード1本
    懐中電灯1個

    荷物全部を一覧にすると、30Lのバックパックはたくさんの荷物が入ることが分かります。

    全ての荷物を30Lのバックパックに入れると、本体の8割くらいが埋まりますが、ティッシュ箱1個分くらいの空きスペースがあります。

    深さ約10cmの空きスペース

    ※財布や一眼カメラ本体、スマートフォンなどは安全面からボディバックを使用します。

    2泊3日分の荷物を詰めたバックパックの重さ

    荷物を詰めた30Lバックパックの重さ
    ※ペットボトルは除く。

    2泊3日分の荷物を詰めたバックパックの重さは

    5.7kgです。

    機内持ち込みができる手荷物の重量は7kg以下と規定している航空会社が多いです。

    なので2泊3日分の荷物量であれば持ち込めます。

    持ち込める手荷物の重量は航空会社やクラスによって異なるので、各航空会社のHPでご確認ください。

    荷物を詰めた後は、必ず重量をチェックしましょう。

    計り方は自宅の体重計に乗せて計れば、だいたい正確です。

    みず

    ちなみに青年海外協力隊員はエコノミークラスです。

    背負い心地

    30リットル登山用バックパックの背負い心地
    159cm・女性
    身体のフィット感あり
    肩の負担少ない
    腰の負担ほぼ無い
    歩きやすさ歩きやすい
    蒸れやすさ気温による
    降ろしやすさベルトの解除が必要

    5.7kgもあれば、重くて疲れそうですよね。

    しかし意外と身体の負担は少ないです。

    なぜなら登山用バックパックは、山道でも楽に歩けるように設計されているからです。

    長時間歩いても身体への負担が少ないのは、筋力が弱い女性にとって助かりますね。

    みず

    30L登山用バックパックを背負って1泊2日で富士山山頂まで行きましたが、肩の痛みは少なかったです。
    (足の方が痛かった…。)

    蒸れに対しては、背中のクッションの凹凸で空気が通りやすいように設計されています。

    しかし汗ばむ気温では蒸れを感じやすいです。

    降ろしやすさについては、チェストストラップやウエストベルトを解除しなければならないので、普通のリュックに比べて時間がかかります。

    30リットル登山用バックパックのウエストベルト・チェストストラップ

    バスやタクシーに乗るときは、待ち時間にベルト類を外しておくとスムーズです。

    女性向け30L登山用バックパック・おすすめトップ3

    海外旅行や登山で30Lバックパックを愛用する私が、おすすめするバックパックトップ3です。

    自身の経験を元に、

    • 使い勝手
    • 身体への負担
    • 手入れのしやすさ
    • 値段

    を考慮しながら順位をつけました。

    それぞれ詳しく紹介していきます。

    【おすすめ1位】ミレー (Millet) サースフェー NX 30+5 W(レディース)

    【おすすめ1位】ミレー (Millet) サースフェー NX 30+5 W(レディース)
    ブランドミレー (Millet)
    製品型番MIS0757
    対象女性向け
    サイズ縦65×横29×奥行16cm
    容量30+5L
    重量1,470g
    カラー4色展開
    素材コーデュラ®オックス 210D ナイロン100%
    雨蓋あり(小物の収納可能)
    サイドポケットあり
    レインカバーあり

    私が最もおすすめするのが、登山ブランドで人気のミレー (Millet)から発売されている、

    サースフェー NX 30+5 W(レディース)です。

    おすすめする理由は主に3つ。

    • 荷物の取り出しラクラク2気室構造
    • 汗処理能力が高く、クッション性に優れた背面
    • シリコン加工で撥水性に優れ、お手入れが簡単

    荷物の取り出しラクラク2気室構造

    30リットル登山用バックパック。荷物の取り出しラクラク2気室構造。

    私がバックパックを選ぶときに外せないポイントが2気室構造です。

    理由は、とにかく荷物が出し入れしやすいから。

    登山用バックパックは筒状の形をしています。

    例えば一番下の荷物を取り出すときに、他の荷物を出したり、よけたり、結構めんどくさいんですよね…。

    しかも、他の人に荷物が見られて恥ずかしい思いをすることも…。

    サースフェー NX 30+5 W(レディース)はバックパックの下もファスナーで開くので、

    • レインウェア
    • 部屋着

    など、すぐに使いたいものを入れておけば、サッと荷物の出し入れができて便利です。

    みず

    30リットルサイズの登山用バックパックで2気室構造を採用しているブランドは少ないです。

    汗処理能力が高く、クッション性に優れた背面

    背中部分にはミレー (Millet) が100年培った技術により、

    • クッション性
    • 高い通気性
    • 速乾性

    のある背面パッドが採用されています。

    ミレーのサースフェーシリーズは、蒸れや、肩や腰への負担が少なく、抜群のフィット感があるのが特徴です。

    また速乾性があることで、気温の変化により汗で身体が冷えてしまうことも防げます。

    シリコン加工で撥水性に優れ、手入れが楽

    ミレーのサースフェーシリーズの素材は、ナイロン素材にシリコン加工が施されていることで、撥水性能が高いです。

    登山中の突然の雨や、海外旅行中のスコールなど、急な天気の変化でも荷物をしっかりと守ってくれます。

    砂埃で汚れた場合も、濡れたタオルで拭いて手入れがしやすい点も◎

    みず

    ミレーのバックパックにはレインカバーも内蔵されています。

    ミレー (Millet) サースフェー NX 30+5 Wの口コミ

    収納が充実しているので他にサコッシュや飲み物ホルダーなどを持たなくても平気だし、留め具はデザインが良く使いやすいです。

    細部まですごく考えられたザックだなって思います。

    引用:楽天市場

    山小屋一泊の登山に行ってきました。
    体にフィットして荷物が軽く感じられました。

    容量の調節もできて、これから多用できそうです。

    引用:Amazon.co.jp

    【おすすめ2位】コロンビア バークマウンテン32Lバックパック

    【おすすめ2位】コロンビア バークマウンテン32Lバックパック
    ブランドコロンビア
    製品型番PU8469
    対象ユニセックス
    サイズ縦52×横31×奥行21cm
    容量32L
    重量1,060g
    カラー4色展開
    素材ナイロン
    雨蓋あり(小物の収納可能)
    サイドポケットあり
    レインカバーあり

    おすすめ2位は、コロンビア・バークマウンテン32Lバックパック。

    • 出費を抑えたい
    • 軽いバックパックが良い
    • 機能性も求めたい

    という人におすすめなバックパックです。

    シンプルなデザインかつ、2泊3日の荷物ならスッキリ収まるサイズ感。

    今回おすすめする商品のなかで、一番軽量でコストパフォーマンスが良いバックパックです。

    肩ベルト(ショルダーハーネス)はメッシュ仕様で通気性も◎

    ただ、バックパックの下から荷物の出し入れができないことが少し残念なポイント…。

    バックパック本体の横にファスナーが付いているので、そこから中の荷物を出し入れできるようになっています。

    荷物の取り出しやすさは、先ほど紹介したミレー (Millet) サースフェーの方が便利です。

    コロンビア バークマウンテン32Lバックパックの口コミ

    サイドから内部にアクセスできるファスナーがある点、レインカバーが付属(本体下部ファスナーポケットに収納)しており、クオリティも高くなかなかコスパも良いと思います。

    引用:Amazon.co.jp

    他のメーカーにあったりする荷室が二つになったり下部にマットを縛ったりするバンドはついていません。

    でも、これから登山を始める人にはとてもいいと思います。

    引用:Amazon.co.jp
    みず

    「コスパが良く、バックパック購入が初めての人におすすめ」という評価が多かったです。

    【おすすめ3位】karrimor(カリマー) ridge 30+ Small

    【おすすめ3位】karrimor(カリマー) ridge 30+ Small
    ブランドkarrimor(カリマー)
    製品型番501099
    対象ユニセックス(女性向けモデル)
    サイズ縦64×横28×奥行23cm
    容量30L
    重量1,430g
    カラー4色展開
    素材ナイロン
    雨蓋あり(小物の収納可能)
    サイドポケットあり
    レインカバーあり
    ギャレリア Bag&Luggage ANNEX
    ¥26,400 (2024/04/16 13:40時点 | 楽天市場調べ)

    おすすめ3位は、karrimor(カリマー) ridge 30+ Small。

    様々なトレッキングスタイルに対応するカリマーの定番中型バックパックです。

    その特徴は背負い心地の良さ。

    ヒップベルトの角度が変えられるので、自分の身長に合うようにカスタマイズできます。

    背面に内蔵されている3Dバックパネルのおかげで、フィット感と安定性◎

    背負いやすさ重視の人に、おすすめなバックパックです。

    口コミにもあったのですが、残念な点はバックパックが自立しないこと。

    バックパック底面の面積が小さいので、立てて置きたい場合は壁などに立て掛ける必要があります。

    karrimor(カリマー) ridge 30+ Smallの口コミ

    腰ベルトがあることで疲れにくさが軽減され、耐久性があり、背中のハーネスによる安定感・安心感がとてもあります!

    引用:Amazon.co.jp
    みず

    背負いやすさが良いという評価が多いです。

    ひとつ残念だったのは自立しないこと。デザインをよく見ると下の方はタイトになっているので気付くべきでした。

    引用:楽天市場

    腰ベルトのポケットにスマホを入れるのは難しかったため別途スマホホルダーがほしいと思います。

    引用:Amazon.co.jp
    ギャレリア Bag&Luggage ANNEX
    ¥26,400 (2024/04/16 13:40時点 | 楽天市場調べ)

    荷物を減らす方法3つと海外で手に入るもの

    荷物が多いと、重くなったりお土産が入らなくなったりして困りますよね。

    そこで、荷造りするときに抑えておきたい2点を紹介します。

    • 荷物を減らす方法
    • 海外で手に入るもの

    減らすべき3つの荷物は以下です。

    • 衣類・タオル
    • 生活用品
    • メイク道具

    ポイントは、

    渡航先にある物」や「必要度が低いもの」は持っていかない!

    です。

    また、海外旅行や赴任に向けて、海外生活でどのようなものが手に入るか、簡単に紹介します。

    結論、海外では現地の人も生活しているので、生活に必要なものはほぼ手に入ります。

    詳しく解説していきます。

    衣類・タオルを減らす

    まず衣類・タオルを減らします。

    なぜなら衣類・タオルが荷物の大半を占めるためです。

    そのため、最小限に抑える必要があります。

    例えば、以下のような工夫をすれば、減らすことができます。

    衣類

    小分けの洗濯洗剤を持っていき、旅行先で洗濯する

    タオル

    ホテルの備品を使う

    衣類・タオル量を少なくできれば、バックパックが一気にコンパクトになります。

    海外旅行・海外赴任の場合

    衣類・タオルは現地で購入・洗濯がでます。

    そのため日本からの渡航時も、衣類は数日分あれば十分です。

    生活用品類

    特にこだわりが無ければ生活用品類も減らせます。

    例えばホテル備品の

    • 歯ブラシ
    • 石鹸
    • 洗体用スポンジ

    を使えば、その分荷物も少なくなります。

    海外旅行・海外赴任の場合

    ほとんどの生活用品は現地で購入できます。

    生理用ナプキンもあります。

    しかし、薄すぎたりズレやすかったりするので、日本製のほうが安心・安全です。

    コンタクトレンズは購入できる国もありますが、日本から持参した方が良いです。

    みず

    手に入らなかったのは竹製の耳かきくらいです。耳かき派の私は持って行かなかった事を後悔しました。(綿棒はあります。)

    • 生理用ナプキンの荷物を減らしたい
    • 快適に使える生理用ナプキンが良い

    という人は、以下の布ナプキンも検討してみてください。

    メイク道具

    数日の渡航であれば、メイク道具も最小限に減らしましょう。

    例えば

    • 眉毛ハサミ
    • アイシャドウ
    • リップ

    など、使っていないけどポーチに入っている物があれば出しておきましょう。

    眉毛ハサミは機内持ち込みできないので注意!空港で捨てられます。(経験あり)

    海外旅行・海外赴任の場合

    メイク道具は現地でも調達できます。

    しかし日焼け止めやファンデーション、化粧水、乳液など、肌に直接塗る頻度が高いものは使い慣れた物を。

    肌荒れの原因になるので、日本から多めに持って行った方が良いです。

    まとめ:30L登山用バックパックは2泊3日分の荷物なら余裕で入る

    30Lバックパックは2泊3日分の荷物なら余裕で入り、重量も5.7kgくらいです。

    そのため、1週間以内の海外旅行や、登山・トレッキングには最適です。

    また、電車や飛行機の荷物棚に収納できるので、30Lバックパックは使い勝手が良いサイズです。

    30Lバックパックを検討中の人に、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次